ロココのススメ

洋服・ゲーム・写真・息子たち・大好きなものや日々の徒然など ゆるりと綴ってゆきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デビュー

mibu72.jpg

いやぁ~イイネ!!

うん!!

想像以上に良い!!

何が?って?

FFさ!!

きっと、RPGは食わず嫌いだったのかも。

ドラクエをちょっとかじって、

「うぇ~マジィ~。。。RPGマジィ~。。。」

ってなっちゃっただけだったの。

ふぁいなるふぁんたずぃ~なんて美味しいモノが
あるなんて知らなかった!

って感じ。


でも・・・


あたくしのプレイをジッと見つめる三十代二人組。

この輩達、(兄と夫)


「あー!ポーション使わんでもケアルで回復できるっしょ!」


だの、


「その魔物にはサンダーじゃなくて、ファイヤーでしょ!」


だの、


うるせーんだよ!!


と、少々言葉が乱暴になりましたが、わたくし、
今日初めてFFデビューした超初心者なんですよ。

もう少し暖かく見守ってくれやしませんかねぇ。

そんな私にと、兄上はこんな物を貸して下さった。

mibu73.jpg

『ファイナルファンタジーⅩアルティマニア』

うぉう!!なんだこの厚さは!!

しかもシナリオ編とバトル編と二冊もあるし!!

私がいくらFF初心者のチンパンジーだからって
これはマニアックだろ。

説明書とか、攻略本を読むのが大の苦手な私。

果たして役に立つのだろうか・・・。

まぁ、素直に借りときましょ。


あーっ!!気が付いたらこんな時間。

主婦のくせして朝までゲームに夢中になって、
やっぱり私はゲーム馬鹿のチンパンジーだわ。

寝よう。


スポンサーサイト
  1. 2006/03/31(金) 05:35:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストレス

mibu71.jpg

あのね、こう毎日毎日子供と一緒に居ると、
ただ飯食いの専業主婦でも一丁前にも
ストレスってやつが溜まる訳ですよ。

ユウヒはママっ子なので、一人で寝てくれない。

パパがたまに気を利かせてくれて、

「俺がやるよ」

と、寝かし付けしてくれようと寝室に連れて行くも、

「ママんとこいく!」

と言ってすぐ居間にリターンしてくる訳で・・・。

今日も、ストレスで殺気立っている私を理解してか、

夫が、「俺、頑張る!」

と言ってユウヒを寝室へと連れて行ってくれたので、
今、こうしてポテチとカロリを片手にブログなんか
書いてる訳ですが、

いつユウヒが「ママー!!」って居間に戻ってくるか
と心配・・・。

ポテチ食べてるトコなんて見付かったら最後、
目の色変わっちゃうのでハラハラドキドキ。

つーか、


もっと落ち着いて酒が飲みてーーーー!!


実家の母に愚痴をこぼすと、

「あなたねぇ、世の中には子供が年子で3人もいる
お母さんだっているのだから、頑張りなさい!」


と、逆に説教される。

子供がいりゃいる程大変なのは解るよ、解るけど、

よそはよそ!うちはうち!だろうがよぉ。

人は人、自分は自分だろうがよぉ。

嗚呼、なんかオヤジの愚痴っぽくなってきたぞ。

しかもユウヒの足音がしてきた。。。

こっち来るよ~。

怖ぇ~!!


  1. 2006/03/30(木) 03:32:41|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

RPG

mibu70.jpg

あたくし、こう見えて、意外とゲーマーですの。

幼少の頃は、兄のファミコンを失敬して、
『バルーンファイト』や『ロードランナー』、
『アイスクライマー』なんかに夢中になっていた
根暗ちゃんでした。(今もですが)
でもね、ロールプレイングだけは出来ない。

レベル上げが面倒だという事もあるのだけど、
何よりの理由は、

森とかに入って、モンスターに遭遇したりすると
異常にテンパってしまって、

結果・・・


「やーっ怖い!逃げる!逃げる!!逃げるー!!!」


と、連打してしまう程のビビり性、故に出来ないのです。


夫曰わく、


「ドラクエでテンパる様じゃ、FFなんてATBだからもっとテンパるよ」


???????????????????


・・・・なんスか?ATBって…?


ゲームマスターの兄に説明をしてもらうと、
ATB=アクティブタイムバトルと言って…
ゴニョゴニョゴニョ…

うぅ~ん…とにかく、ボーっとしてると殺られちまうぜ!
というシステムらしい。

なんて恐ろしい。。。

それでも、最近発売されたFFⅩⅡのオープニング
画面を見ていると、あまりの画像の綺麗さに、
興味をそそられずにはいられない。

出来るのか?私に。

それ以前の問題として、子持ちの主婦が悠長に
ロープレなんてやっていて良いものか?

んーでもやっぱりやってみたい。

また課題が出来ちゃった。

ロココ初めての○○、シリーズ化しそうですぁよ。

そういえば、一方でFFのポーションて飲み物が
発売されてますが、瓶が可愛い!
瓶フェチの私にとって、あの色味はど真ん中です。

それも、普通のアルミの蓋タイプじゃなくて、
限定6種類の瓶の蓋がすんげぃ可愛くて、
それだけでも欲しいと思ったロココですが、


「ポーソンて何?何の呪文?」


なんて言ってる奴が買っちゃいけませんよね。

先ずはゲームやれよ、って事で。

兄が泣いたというFFⅩからやろうと思ってます。

さて、ロココはどこまで続けられるでせうか。

To be continued

  1. 2006/03/29(水) 21:40:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お笑い

mibu69.jpg

またしても実家の母が、ユウヒにレギュラーの
あるある探検隊の歌を一生懸命教えていた。

しかも、「ハイッ!ハイッ!ハイハイハイハイ!」
って、ハイ!がいっこ多いよマミー。

何度も言う様ですが、

ユウヒにネタを仕込むのはいい加減止めてくれ!!

因みにユウヒが超眠そうで、落ちそうになって
いる時の顔は、気絶した西川君と同じ顔です。

ここで寝られては困る!という時は、大声で

「西川君!西川君!!」と言って起こします。

レギュラーって他のネタは意外と面白くない。

てゆうか、最近そういう芸人ばっかり。

お笑い番組を観てても、全然笑えないや。

勢いだけのネタだったり、ただの馬鹿をやるだけなら、
自分の周りの友達の方が全然面白いよ。

何がお笑い芸人ブームなんだか・・・。

私が芸人として賞賛出来るのはラーメンズだけ。

彼らの笑いはインテリジェンスに富んでいる。

笑いの中にも知性が必要だと思っている私にとって、
ラーメンズの笑いはまさにツボ。

まぁ、笑いの好みは人それぞれですが、
知的でシュールな小林賢太郎ワールド、
好きな人は好きなはず、です。

まだご存知無い方は是非、御観賞あれ。

そういえば、昔、自分が面白いと思い込んでいる
殿方とお付き合いしていた事がありますが、
これがまた、投げっぱなし野郎でして・・・。

義理堅い私はいちいち反応してあげる事に疲れ、
それだけで破局と相成りました。

笑いの好みの違いは恋人同士を破局へと向かわせる
場合も御座います。

逆にシンパシーを感じる事で好感を得たりも致します。

人間関係にも影響を及ぼす、笑いのセンスと云うフィーリング。

そのメカニズムは結構哲学かも。

意外と深いなぁ~。



  1. 2006/03/29(水) 01:45:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アダルトビデオ

mibu68.jpg

購入致したで御座いま候。

東京事変のPVクリップ集『アダルトビデオ』

しかし、今日のお話はそのアダルトビデオでは無く、
独り身男性の必需品、性産業商品、つまるところ、
本物のアダルトビデオのお話です。

昨年末のテレビ番組で、『森下くるみさん』と云う
アダルトビデオ女優さんの存在を知り、人間的に
興味を持ちました。

同時期、私の師で在る嶽本野ばら先生の小説を
読んでいた私は、丁度、そのモチーフが
ブルーフィルムの女優だった事もあって、
アダルトビデオ女優と云う職業に大変な興味を
持ってしまったのでした。

彼女のHPやブログ、掲示板を拝見している内に、
彼女は他の女優さんには無い教養や知識、高い感性
を持つ、とても学の有る女性だと云う事が解りました。

彼女の魅力に忽ち引き込まれてしまった私、
しかしながら作品を観ていないのでは、
彼女の仕事魂に触れる事は出来ない上、
俄かファンと云うにしても、失礼に値する、そう
思った私は彼女の作品を観る決心をしたのでした。

少し前、親切な友人にビデオを貸して戴き、2本観ました。

しかし、しっくりこない。
というか、まともに観れない。。。

矢張り、己の羞恥心に打ち勝ち、自分の足で借りに
行かずして観るなんて事自体が甘かったのかしらん…?

そう思った私は、一人で、レンタルビデオ屋さんに赴き、
今日初めて、アダルトビデオコーナーに足を踏み入れたのでした。

女子にとっては罰ゲームの様に辛いものかと思いきや、
意外と躊躇いも無く、18禁と書かれた暖簾をくぐり、
辺り一面ピンクピンクピンクの異様な空間に溶け込み、
閲覧するあたくし。

暫くして、自分がかなり浮いている事に気が付きました。

しかし、くるみさんの作品を探すまでは絶対ここから
出る訳にはいかない!と訳の解らない義務感で、

探し続ける事10分。。。。

嗚呼、目が、目がチラチラしてきた…。

何でアダルトビデオってこんなに沢山あるんだ…。
こんないらねぇよ!!

粘る事5分。。。。。


あったー

と、おもむろにパッケージに手を伸ばそうとした瞬間、
隣に居た男の子と目が合い、吃驚した。


しっ、知り合いのK君・・・。(しかも中途半端な知り合い)


こっ、この間も某飲み屋さんでお会いしましたよね・・・。(会話もしたよね)


きっ、君、AV借りる気なの?(お前もな)


マジ勘弁して下さい。


何もこんな場所で会う事ないじゃないか。
(こんな所にいる私が悪いのだが・・・。)

完全に目が合って、相手も私を二度見状態。。。

嗚呼、もうこうなってしまった以上、私の知らない所で、
ロココ痴女疑惑が勃発する事間違い無し。

『欲求不満の団地妻』なんて、それこそアダルトビデオの
タイトルみたいなレッテルを貼られるに違いない。


終わったな。


頭の中で色々な噂が駆け巡り、そのままその場を
逃げる様に立ち去ってしまいました。

一人カラオケだの、アダルトビデオレンタルだの、
如何して私は自分に過酷な試練を与えてしまうのかしら。。。

まぁ、いつか借りてやりますよ、一人カラオケもします。

私はいったい何がしたいんだろう・・・。
もしかしてどこか病んでいるのだろうか・・・。


解っている様で、一番解らぬこの自分。

みつを



  1. 2006/03/28(火) 00:19:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

前回の裏話

mibu67.jpg

実は前回のお話には裏話があります。

私達二人が枇杷に到着すると、店内は満席状態。

私達が入り口でおろおろしていると、
店員さんが歩み寄って来て、

「申し訳ありませんが只今満席で御座います。」

と私達に告げました。

どうしても枇杷がいい私達は、

「席が空くまで待って、もう一度来ます。」

と言ってお店を出ました。

近くで時間を潰そうという事になり、すぐ傍の
ミスタードーナツへ。

私は紅茶を、YUKIは野菜スープを頼み、席で一息。

紅茶を一口すすったところである事に気付いた私が、
こんな事を言い出した。

「ねぇ、もう一度来ます、って言ったけど、ちゃんと名前と
連絡先教えて、空いたら連絡もらった方が良くなかった?」


。 。 。 。 。

「それもそうだね!私、ショップカード持ってるから、
今電話してみるよ!」


と、YUKIも賛成し、電話をかける事に。

YUKIがショップカードを探している間に、

「もしさ、電話してもう席が空いてたらどうする?」

なんて不吉な事を言ってきた。

さすがに、さっきから5分しか経っていないし、
今頼んだばかりの野菜スープだって一口しか
飲んでいないのに、場所代にしちゃ高過ぎる。

空いてて欲しいけど、空いてて欲しくない。。。


YUKIが電話をかけ始めた。


「あのぅ、さっき待ちます、と言った者ですが・・・

ハイ、そうです。ハイ。」



次の瞬間、YUKIの顔が歪んだ。


まさか・・・。


「二名様、空いたって・・・。」


やっぱりーーーー!!!


どーすんだよこれー!
この紅茶と野菜スープ達!!

可哀想に、まだ一口しか飲んでもらってないのよ?
それを置き去りにして行くってワケ??


・・・・ 一気飲みしちゃう?


っ無理!!

こんなにホカホカ湯気出しちゃってるの、
普通に一気飲みなんて出来ないっつーの!!


そして・・・


今、すぐに枇杷に向かわないと、また満席に
なってしまうかも・・・なんて考えてしまう
小心者の二人は、結局飲み物には手を付けず、
ミスドを後にしたのでした。。。

テーブルに置かれたオーダー品は、殆ど出された
時の原型を保たれたままでした。

もし、私がミスドの店員で、これを片付ける係
だったとしたら、小声で


「殺す・・・」


とつぶやいていた事でせう。


食べ物は大切に。


  1. 2006/03/27(月) 02:03:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

婚約祝い

mibu63.jpg

昨晩は久しぶりに会う友人YUKIと飲みに行って参りました。

場所は静岡の七間町に在る『枇杷(びわ)』というお店。

店内の雰囲気が良い事もさることながら、座り心地の良い
様々なソファや食器、インテリアにもこだわられた素敵なお店。
お料理も素晴らしく美味しい此処は、二人のお気に入り。

実はYUKIは嫁入り11ヶ月前。

今宵は結婚式までの準備や、婚約に至るまでの色恋沙汰云々、
たっぷりとお伺い致しませう!意気込んでをりました。

が、聞きジョーズのYUKIに、喋りタガーリのあたくし、
結果は目に見えていた様です。

案の定、ロココのワンマントークショウ開催。
ソーリーアミーゴ。

しかも、あたくし、初っ端からまたしてもやってしまいました。

テーブルに届いたファーストドリンクを普通に飲み始め、

YUKIに、

「あーっ!信じらんない!乾杯がまだなのに!」

と注意を受けてしまい申した。

私にはあまり乾杯の習慣が無い、というか何というか…。
拙者、未だに解らぬのでござるよ・・・。
何故に乾杯してからでないと飲んではならんのでござろうか?

生ビールオーダーした時なんて、乾杯待ってる間に泡が
こう、シュワシュワって、徐々に少なくなってきちゃって、
ほら、あれだよねぇ…ブツブツ。。。

単に協調性の無い私の言い訳ですが。

まあまあ、と、美味しい点心をつつきながら、酒は進み、
話はアダルトな方向へ…。

mibu64.jpg

性の話一つ取っても、高校生の頃の様な、浮ついた
下世話さは失せ、すっかり大人らしさが漂う会話が
成り立っていたあたくし達。

そうよ、もう直ぐ26歳ですもの。
そろそろ一端にアダルトな会話が出来る様に成っても
良いお年頃でせう。

にしても3杯目にショートはちょっと早まり過ぎたかな、
と反省しつつも、終電に間に合う様に、デザートの
杏仁豆腐とジャスミン茶で締め括り。

mibu66.jpg

此処の杏仁豆腐とココナッツとタピオカのアイスは
半端じゃない美味しさなので、一度、御賞味下さいませ。

最後に今宵の花嫁
mibu65.jpg

PS:今度会う日までに、乾杯前に早々と
一人で飲んでしまう癖を直しておきます。


  1. 2006/03/26(日) 22:28:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供服

mibu62.jpg

ロココの幼少期写真、其の弐。

私はこのお写真がとても気に入っています。
というよりも、このお洋服が大好きなのです。

袖、首、裾、全てにゴムでギャザーが寄せてあり、
端にふうせんのパッチがしてある、一見かぼちゃ
の様なこのお洋服は、母が作ってくれたもので、
大のお気に入りだった事を今でも覚えています。

私の母は昔から洋裁業をしていて、そのせいか
私の幼少期のお洋服は全て母のお手製でした。

大人になっても、アルバムを見るのが楽しみな程、
色々なお洋服を作り、着せてくれた母に感謝しています。

昔、アルバムを見ながら、母にこう尋ねた事があります。

「どうして私はお店で買った服を着ていないの?」

すると母はこう答えました。

「だって、私が作った方が売ってるのより、絶対に可愛いと思ったから」

すげぇ自信!!

まぁ、私の母親ですから、今更驚きませんけども。

きっと、私のお洋服に対する概念は、少なからず
母親の影響もあったという事です。

今は何を着せられても訳のわからないユウヒ君も、
いつかオサレに目覚め、

「母親の買った服なんて着れるか、ボケィ!!」

なんて言う日が来るのでせうか・・・。

オサレに目覚めるのはいいが、全身やり過ぎの
キメキメボーイにはなって欲しゅうないぞ。

あくまでも、自分の色に合ったお洋服を選び、
自然に纏える様な男子に育って欲しひ。

と母は思ふのでした。


  1. 2006/03/25(土) 01:26:13|
  2. お洋服
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カットタン

mibu61.jpg

一人カラオケ大会の計画を練っていた私。

お店はやっぱり地元のランドかなぁ・・・?
駄目だ!あそこは亀梨似のイケメンが
受付にいるから、だめだめ!(何が駄目なのか)

・・・なんて考えていたら、亀梨で思い出した事が
あったので書きます。

少し前、私の兄とテレビで歌番組を見ていた時の事。

ちょうどKAT-TUNが出演していたのですが、
それを見て兄が一言、


「カットタンって、亀梨って奴しか知らんやぁ」


・・・・カットタン?KAT-TUN=カトゥーンでは??


笑いが堪え切れず、


「カットタンじゃなくて、カトゥーンだよ!!」


と、お腹を抱え、笑いながら教えてあげると、


「いや!カットタンだって!!」


ええっ!?何?何??その自信!怖いっ!!
もしかして、本当にカットタン?私が間違っているワケ?

と、危うく洗脳されそうになるくらいの兄の目は本気でした。

で、もう一度、おそるおそる勇気を出して言ってみた。

「これさ、カトゥーンって読むんだよね・・・」


「カットタン!!!!」 


曲げないってか!!
何がそこまで彼にカットタンだと思い込ませているんだ・・・。
もう、私はどうしたらいいんだ!!

ヤキモキしていると、カトゥーンの歌が終わり、
司会者がこう言った。

「カトゥーンで、○○(曲名)でした!有難う御座いました!」

この時の私の勝ち誇った顔といったらなかったはず。

この話を結構の間、兄の前で引っ張っていたので、

「もうさ、その話、やめてよ。」

と言われていたのでしたが、また言っちゃった♪

愛すべきナチュラルブラザー。
これからも天然ぶちかまして頂戴☆


  1. 2006/03/24(金) 00:23:22|
  2. 家族
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

歌唄ひ

mibu59.jpg

はい、これはロココちゃんが三歳の頃の写真です。

あらま~可愛いですね~。

明らかにカメラを意識して唄ってますね~。

でも、唄っていたのは小柳るみ子の『いまさらジロー』や
小林幸子の『もしかしてパートⅡ』だったそうです。

う~ん、アダルトな三歳児。

しかも、なんと幸の薄い女の歌を。。。

教えた父も父です。

まぁ、ユウヒも、私が東京事変を聞かせているせいで

「あぁ~もう、どうにか~なりそ~ぅ♪」

なんて唄っていますが。。。

ユウヒの歌好きは私の遺伝という事が解りました。

私は、この電池式のマイクセットがお気に入りで、
唄い過ぎた為、よだれで破壊したそうです。

ユウヒがよだれ星人なのも、私の遺伝だったワケで。

ところで、最近カラオケに行きたくて仕方ないのに、皆
風邪ひいていたり、タイミングが悪くて誰も捕まらない。

もうこうなったら一人で行っちゃおうかな・・・なんて
思っている今日この頃。

でも、店員さんに人数を聞かれて、

ひとりです・・・

って言うの恥ずかしい。。。

肝っ玉ちっちぇなぁ~自分。

さぁ、果たして、ロココは一人カラオケデビューを
果たせるのだろうか。

To be continued


  1. 2006/03/23(木) 17:24:17|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

意地悪な子

yu53.jpg

愛しい愛しいユウヒ。

私はこの世にこの子を傷付ける物が在るならば、
それから守り、そして徹底的に粉砕してやる。

先日、デパートでお買い物に行った時、フロアを
歩いていると、後方からユウヒより一つ二つ上の
男の子が駆け寄って来た。

そしてユウヒの後ろに立ち止まると、突然ドン!
と体当たりをした。

ユウヒは思い切り前のめりに転んだ。

待てーーーーーーーーーーーーーぃ!!
今の悪行、お天道様が見逃しても、
このロココが見逃さねぇってんだ!!
子供だからといって何でも許されると
思ったら大間違げぇよ!!

この小僧っ子、しばいたろか!!と思っている私の
横を小走りにその子の親御さんが駆け寄って来て、

「すみません!本当にごめんなさい!!」と
謝ってきた。

すみませんじゃすみません。

しかし、何度もぺこぺこと頭を下げて謝る親御さんが
居た溜まれず、「いえ、大丈夫です。」と返事をすると、
そのまま男の子をズルズル引きずって行った。

どう育てたら、見ず知らずの子に突然体当たりを
食らわしたりする様になってしまうのだろう。。。

その少し前も、滑り台の階段を上るユウヒの上にいた
男の子が、ユウヒを蹴落とそうと、顔面に思い切り
蹴りを食らわしていたのを目にして憤慨した。

ユウヒはまだ、やり返すという事を知らないので
やられっ放し。

私が代わりに蹴っ飛ばしてやろうかと思った。
もし、その子の親御さんが何か物申そうものなら、

「あなたのお子さんがうちの子にした事と同じ事を
したまでですが、何か?」

と言ってしまったに違いない。

子供の遊び場で遊ばせていると、多々こういう状況を
目にするが、自然な事なのか?

私が過保護なだけだろうか?

親が介入すべきではない事なのか?

嗚呼、解らない・・・。

ただ、ユウヒにはこんな意地悪はして欲しくない。

優しく育って欲しい。

切にそう願うのでした。



  1. 2006/03/22(水) 03:15:52|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オカルト

mibu58.jpg

昨晩の事。

夫も息子も実家にお泊りで、家には私一人。

眠れない私は、先日購入した倖田來未のPVを観ていた。

『shake it up』という曲は、來未ちゃんがお人形という設定。
曲の出だしは、まだ黒目を入れていないお人形の状態の様で、
白目を剥いているのでちょっと怖い。

來未ちゃんは可愛いけど、いささかこれは怖いなぁ~・・・
なんて画面を見つめていると、突然画面がフリーズし、
音声が、ザーーーーッ!!!と砂嵐の爆音に変わった。

ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!

って飛び上がりましたよ。

だってあたくし、超怖がり日本代表なんですもの。

この歳になってもトイレのドア、怖くて閉めれない。
シャンプーの泡も気合で目開けて流す。

だから、こんな状況に陥ったら、失禁しちゃうって。

失禁は言い過ぎましたが、ちょっと泣きました。
やっぱり誰も居ないお家に一人は怖いです。

結局あれは何だったのでせうか・・・。
俗に言うポルターガイスト現象??

多分ユウヒがDVDプレイヤーをいじり過ぎで
壊れているのだと思いますが、

「ビビらせてんじゃねーよ!!」って感じです。

いい加減、この怖がり病治したいなぁ・・・。

  1. 2006/03/21(火) 22:57:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヲンナ

ringo3.gif

母親でも無い。

恋人でも無い。

人妻でも無い。

ワタシハヲンナ。

貴方が教えてくれた。

貴方が解らなくした。

アナタハヒドイヲトコ。


  1. 2006/03/20(月) 23:23:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボイコット

mibu57.jpg

あ?やんのか?
や・ん・の・か・つってんだよ!!

今現在のあたくし、こんな感じ。

パパと些細な事で喧嘩。
(といっても私が一人でプンプンしているだけですが・・・)

さっきから、めちゃめちゃ腹が立ってる事を
あからさまに刺々しい言葉でアピってるのに、
一笑して、いとも簡単にスルー。

うん!さすが年上!大人ー!パチパチ☆

って違うよ!

怒ってるんですの!あたくしは!!

でも、こうして喧嘩も買ってもらえぬ様では
この怒り、如何にもならない。

こうなったら明日のライブ、観に行ってあげない。

今まで夫のライブは欠かさず観に行っていたけど、
明日はユウヒと一緒にボイコット決行してやる。

「明日行かない!」って言ったら、「うん」だって。

「本当は来て欲しい?」って聞いたら、

「別にぃ~」って、畜っ生~!!

明日は絶対行かない!!行ってなるものですか!!
じっちゃんの名にかけて行きません!!!


  1. 2006/03/19(日) 00:02:43|
  2. 主婦業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

授かりもの

生理が来ない。

第二子を望んでから一年半以上経つ。

生理が遅れる度に、もしかしたら、と思う。

でも結果、遅れて来る。

期待した分だけ気落ち。

いい加減もう疲れた。

だから遅れてもあまり期待もしなくなった。

神様が授けてくれるものと云うけれど、

如何いう訳か、神様に問い詰めたいものだ。

上から私の子育ての様子を見ていて、

「母親として未熟、故、まだ授けられぬ」

と赦して下さらないのか。

だったらヤンキーの子沢山はどうなんだ。

平気で人前でゲンコ食らわしてる母親だって

片手に小さい子供を抱いていたりするのに。

動物みたいに無計画に産んで、責任も取れないで、

愛せずに殺める位なら、その命、私に頂戴よ。

この世は不公平だ。

神様もいない。

真っ暗になってしまった時の光は君。

私の可愛い君。

生まれてきてくれてありがとう。


  1. 2006/03/18(土) 00:08:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

mibu56.jpg

これはあたくしが高校生の頃描いた絵です。

押入れの整理をしていたら出てきました。

当時、絵は描きたいが、美術系の高校に入れば、
彫刻など、学びたくも無い事をやらされると
思っていた私は、デッサンの時間が一日に
三時間もある、という単純な理由から、静岡の
工業高校に入学しました。

私が入ったのはインテリア科といって、主な授業は
実習や製図。
美術の時間が一週間に三度はあり、一授業に三時間、
週に換算すれば美術の時間は九時間もある、という
勉強嫌いな私にとって素晴らしい科でした。

インテリア科というと、横文字でちょっとお洒落な
感じ、聞こえは良いですが、実際、美術以外の授業は
ダサい実習服に身を包み、カンナで木を削ったり、
玄翁で釘を打ったり、そこには職人のおっさんの様な
勇ましさが漂っていたのでした。

木工は更々学ぶ気が無かったので、カンナ削りをした
木屑を眺め、これが、鰹節だったらなぁ・・・なんて
不埒な事を考えていました。(鰹節が大好きなあたくし)

デッサンの時間になれば気分は一転。
放課後も、定時制の生徒が来るまで居残って
絵を描いていました。

嗚呼、今やその情熱は何処へやら・・・。

手前は、何をやらせても中途半端の風来坊で御座んす。
何かを継続して学んだり、貫徹出来ぬ性分よ。

ひょっこり出てきた絵に

「お前さん、情け無いねぇ」

と言われた気がして、居た堪れず、直ぐに押入れに
しまい直したあたくしでした。


  1. 2006/03/17(金) 16:53:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カロリー

mibu55.jpg

今日、久々に体重計に乗ってみた。
・・・増えてない、むしろ減っている。

何故?!

昨日は、昼に苺をたくさん食べて、(練乳もいっぱいかけた)
おやつにお団子二本食べて、夜はご飯を二杯おかわりして、
その後、兄上とアルコヲルと乾き物食べて、更に就寝前に、
パパからホワイトデーに貰ったチョコケーキを食べたのに!

私の身体、絶対おかしい。

私は生まれつき、太りにくい体質らしく、多少の事では
太りません。

以前友人と銭湯に行った時、私の身体を見た友人に、
やれ「鶏ガラみたい」だの、「難民の子みたい」だの、
散々言われ、かなり傷つきました。

鶏ガラはあんまりだぜ。

それから毎夜、ポテトチップスや、チョコレヰトなど、
とにかく高カロリーなものを食べ、痩せる努力ならぬ、
太る努力なるものをしてきました。
無茶をし過ぎて胃をやられた事もあります。

しかし太らない。否、太れない。

もうこの体質が、いい加減疎ましい。

なんて言うと、世のダイエットに勤しんでいる女性を
敵に回しそうですが、喧嘩上等、かかっておいであそばせ。
むしろ煽ってやる!

「太りたーーーーい!!超太りたーーーーい!!」

ところで、私の摂取したカロリーはいったい何処で
燃焼されているのでせうか・・・・。

摩訶不思議也。



  1. 2006/03/16(木) 19:06:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

いちご狩り

mibu54.jpg

今日はお天気が良かったので、実家の両親とユウヒの
4人で、遅まきながら苺狩りに行って参りました。

苺が大好きなユウヒは、ハウスに入ると早々にはしゃぎ、
通常の子供の摂取量をはるかに上回る量を食しました。

しかも美味しい所を半分くらい食べて後はポイです。
全く、贅沢な子・・・まぁ人の事は言えませんが。。。

自分で摘んで、自分で練乳付けて、得意げな彼ですが、
おかげで上着がべチャべチャ。

yu43.jpg
↑酸っぱい顔してますが得意の「おいしぃー」の顔です。

結構広いハウスだったので、他にお客さんが居ないのを
いいことに、残り時間はユウヒと一緒に追いかけっこを
していました。
苺に囲まれた中、追いかけっこをする情景は
さぞメルヘンチックだった事でせう。
(それか痛い親子に見えたかのどちらか)

帰りは、はしゃぎ疲れたのと、お腹一杯の両方で、
お家に着くまで車でぐっすり眠っていました。

実は、私、苺狩りは小さい頃に一回行ったきりで今回
人生で二度目の苺狩り。
可愛い苺に囲まれて、それだけでかなり楽しかった。
もしかしてユウヒよりもはしゃいでいたかも。。。

また行きたいなぁ☆


  1. 2006/03/15(水) 23:30:20|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嘆き

mibu60.jpg

「明日も観てくれるかな?」

「いいともー!」

タモさんと一緒に手を挙げた後、すぐにテレビを消す私。

今、お昼タイムに流されるCMは、ほぼ保険会社のCMで
独占されています。
ア○コ、アメリカン○ームダイレクト、ア○ラック。
私はこの手の保険会社のCMが大嫌い。

向こうも仕事、このご時世で必死なのは解りますが、
終身時は一千万、だの、死亡保障がどうのこうの言った後、
「これは嬉しいですね!」なんて、どうかしてる。

「医師の審査も要りません」と売り文句に言っていますが、
そんなの嘘八百でせう。

あまり死亡だの終身だの言われると、死ねと言われている
気すらしてくる。

これで安心とか、少しで安心なんて、『安心』を連呼するが、
安心なんて本当に其処に在るのか?

本当の安心なんて其処には無い。

親や夫は「家庭もあるのだし、一つ位、保険に入ったら?」
と言いいますが、どうもその気になれず、未だ未加入。
私が明日死んでしまっても一円にも成らない。

捻くれてしまった私は、もはや保険の本当の意味さえ
見失ってしまった。

私の安心できる場所はたった一つ。

君の隣で、君の寝顔を見つめられる事が何よりの安心。

私が君に命を与えたはずなのに、何時しか、私が君に
生かされている事に気が付いてしまったよ。

死亡時の何千万より、おやすみのキスと君、
それが私にとって何よりの安心。



  1. 2006/03/14(火) 01:34:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

任天堂DS

20060313221205.jpg

二ヶ月前、念願の任天堂DSを購入。

今、一番DS独占率が高いのは、他の誰でもなくユウヒ。

ちゃんと電源入れて、ペンシルを抜き、手に取って、
脳のトレーニングにタッチして、音量まで上げる。

最終的には落書きして終わりなのだけど、ここまで
出来るなんてただの二歳児ではない。

昼間、私がやっていようものなら、

「ママ!やんないの!ユウヒやるの!!」と取り上げられ、

夜、パパがやっていようものなら、

「パパ!じゅんばん!ユウヒじゅんばん!!」と、やっぱり取り上げ、
一向にパパの順番が回ってくる気配は無い。

昼も夜もやらせてくれない。

てゆうか、全然やらせてくれない!!

今日も「ユウヒのなのー!!」「あたしんのだってば!!」
と散々喧嘩して、結局ユウヒに取られました。

写真は「ちょっとやらして」と頼んだ私を馬鹿にしている顔です。

チッ、何でも思い通りに行くのは今のうちだかんね!!


  1. 2006/03/13(月) 22:26:08|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おまけ

mibu51.jpg

ペットボトルのジュースに付いているおまけには
色々な物がある。
生茶パンダ、お茶犬のキーホルダ、スターウォーズ
キャラクターのボトルキャップ、伊右衛門の手ぬぐい、
トルシエジャパン期のサッカー選手のフィギュア、
等々、我が家に転がっている物だけでもこれだけある。

しかしながら、今まで貰って嬉しい、とか、実用的だと
感じた物は…無い。

そんな私が今、初めておまけに夢中になっているのが、
『一(はじめ)』というお茶のおまけに付いている
駅弁のフィギュア。

ほんの数センチの駅弁のミニフィギュアなのですが、
パッケージから、具から、実在の駅弁に基づき、
細かいディティールにまでこだわられている精巧さに、
私のハートは射られてしまったのです。

コンビニでお茶を買おうとして、これを発見した私は大興奮。
同行していた友人は、尋常でなくエキサイトした私を見て、
少々引き気味でした。

実は、あたくし、ミニチュアフェチなのです。
特に食べ物系には滅法弱く、それが実在の商品であれば
ある程興奮します。

そもそもの原点は、小学生時代の消しゴム。
お寿司のネタの消しゴムや、赤いきつねの蓋をめくると
麺が消しゴムになっているカップラーメン消しゴム等に
異常に興味を示しました。

きっと幼少期から「再現されるリアル」と云う物の
の虜になっていたのでせう。

その後、大人になってもリアルミニチュアへの嗜好は
断ち切れず、シルバニアファミリーを一式買ってしまったり、
博物館などに置いてあるジオラマ模型のケースに貼り付き、
何時までも見とれていたり・・・と時々、秋葉原的な一面が
見え隠れしてしまうのでした。。。


さて、今回の駅弁ですが、駅弁の種類は24駅分。
最低でも24本、『一』を飲まなくてはいけません。
既に3駅ゲットしたのであと21駅。
フェアー期間中に集まるか不安ですが、唯一安心したのは
コーラじゃなくて良かった、と云う事。

コーラが飲めないあたくし、もしコカコーラ24本だったら
死んでいたでせう。

これを読んで下さった貴方、もし『ー』と云うお茶を
買う事があったら、ミニチュアは捨てず、ロココまで。


  1. 2006/03/12(日) 23:54:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

面接

yu42.jpg

近頃ユウヒはご飯を寝転がってて食べます。
何度叱っても、寝転がる。
お行儀が悪いったらありゃしない。

何とかならないものでせうか・・・。

話は変わりますが、先日、以前勤めていた会社に
お買い物に行った時、社長とお話しをしていて、
私の入社面接の時の話になりました。

「私、社長に、とりあえず、滑舌があまり良くないね
と言われましたよね?」

と社長に言うと、

「あら?そんな事言った?とにかく喋る子だとは思ったけど」

と社長。

あの時はまだ高校在学中、気の利いた事を話せる筈が無い。
私は何をそんなに喋ったのかしら・・・?

覚えている事は、一緒に面接をした三つ四つ年上のお姉様が、
社長の質問に対してすごい事ばかり答えるものだから、
私はテンパリまくっていたという事。

「映画鑑賞が好きなのね、どんな映画が好き?」という質問に、
お姉様は、

「はい。私は風と共に去りぬという映画が大好きで、
特にスカーレットオハラ、彼女を演じた、
ヴィヴィアン・リーの様な生き方に憧れています」

うわ~。。。何ておしゃれ関係な答えなんでせう。
私、なんて答えよう・・・・なんて考えていると、

「貴女はどんな男の人が好き?」

えっ?!私は映画じゃないの?ヤラレタ!!

とテンパッた私はこう答えた。

「はい、あの・・・自分と180度、価値観が違って、
イライラして喧嘩ばかりしてしまう様な人が好きです」

なんだそりゃ?!普通、絶対付き合いたくないタイプ
じゃないのか?
まぁ、若さ故、当時の私はそう思っていたのでしょうけど、
面接の答えとしては適切じゃない。

これに対して社長は大笑い。

「貴女変わってるね!でも私の夫が実際そうなのよ!」

と共感を呼んでしまった。

これも怪我の功名。

他にも怪我の功名を連発し続け、見事に採用された訳ですが、
今はもうその怖いもの知らずの若さと云うものが無い。

出来ればもう面接すらしたくないや。

こんな私、何時になったら働くのやら・・・・。

  1. 2006/03/10(金) 16:13:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美容室

mibu50.jpg

今日は、幼馴染の友人のご両親が営む美容室で、
ヘアカラーとカットをして参りました。

私が予約の時間に来店すると、店内にお客様は一人も居らず、
その後、散髪、カラーリング、お会計まで、誰一人来店して
来る事はありませんでした。

週末は鬼の様に忙しい代わりに、平日は暇なのだそうです。

他のお客様が誰も居ない店内で、スタッフ三人がかりで
綺麗にして戴いたので、まるで美容室を貸し切った様で、
とても贅沢な気分になりました。

またしてもセレブ?と思いきや、お昼ご飯はモスバーガー。

矢張り、私はセレブに成れないヲンナ。
でもいいの。庶民派で結構ですわ。
すき家、吉牛、モス、マック、ジャンクフード大好き!!

ところで、ユウヒは「モスバーガー」と言おうとすると、
如何しても「モスガーガ」になってしまいます。

「ユウヒ?いいこと?モ・ス・ブァー!ガァー!」

と何度教えても「モスガーガ!!」

「違うよ!ブァーガー!解る?ブァーグゥワー!!」

と、すごくムキになって教えている自分に気が付いた時、
実家の母と自分が大して変わらない事に気が付いて
一寸気落ちしました。。。

血は争えないから怖いです。

  1. 2006/03/09(木) 23:15:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洗濯物

mibu49.jpg

この時期の洗濯物は外に干すと花粉が付いてしまい、
取り込んで畳んでいる時、くしゃみが止まりません。

何ミクロンの分際で、私を悩ませるなんて生意気です。

そしてもうひとつ、洗濯物を畳む際、私を悩ませる者が。。。

私は、以前働いていた時の職業病か、お洋服は端をきちんと
揃えて綺麗に畳まないと気が済みません。
その為、家の中でも立って畳んでいるのでその光景は少々
可笑しなものです。

畳むスピードも半端じゃありません。
セールの時は波の様にお客様が訪れるので、スタッフの間で
次にお客様が来るまでにどれだけ畳めるか、という事に
闘志を燃やしていました。
洗濯物早畳み選手権に出場したら優勝間違いなし。

これだけお洋服を畳む事に情熱を注いでいる主婦は居ないでせう。
結構下らない事にこだわってしまうチャーミングなあたくし。

そんな私が綺麗に畳んで積み上げたお洋服を、一瞬にして
滅茶苦茶にしてしまうクリーチャーが我が家にはおります。

畳んだお洋服を綺麗に積み上げ、よし!完璧!と思った瞬間、

「あびし!!あびし!!」

と意味不明な掛け声とともに洗濯物をなぎ倒していくユウヒマン。

こっ・・・コーノーヤーロー!!
しかも倒す瞬間、チラッとこっちを見て笑いやがったな!
貴様!なんて野郎なんでぃ!!(江戸っ子)

と、すっごい怒っちゃう大人気の無いあたくし。
明らかにわざとやっているので余計に腹が立ちます。

これからも私と花粉とユウヒとの戦いは続く。。。


  1. 2006/03/08(水) 22:46:30|
  2. 主婦業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コルセット

ringo12.jpg

あたくしが今、一番欲しいもの。

オーダーメイドのコルセット。

ヴィヴィアンウエストウッド展に展示されていたコルセットは、
最早、コルセットと云うよりも、芸術的な美術品で(実際そうなのですが)
手前などが身に着ける事など到底適わないと思いました。

しかし、ロココシズムを掲げている以上は、コルセットを
一度も纏わずに一生を終えるなどという事は赦されないでせう。

何故にコルセットなのかと云うと、体型を補正したい訳ではなく、
美意識が高く、見た目の美しさの為だけに、命をかけて自身を
着飾ったロココ時代の淑女達に近づきたいと思ったからです。

当時の彼女達は呼吸困難で卒倒するまでウエストを締め上げていました。

此処で私の師である嶽本野ばら様のお話をひとつ。

『19世紀の初頭、巴里ではシースルーのシュミーズを
ドレスとして冬でも用いるのが貴婦人達の間で流行した。
そのせいで、多くの婦人達が、インフルエンザにかかり
命を落としたそうな。
それでも、婦人達は、下着ファッションをやめようとしなっかった。
これをバカみたいと一笑するのは簡単だが
命懸けで、寒さを我慢し、着たいものを着た当時の貴婦人達の
覚悟に、野ばらはとても共感を憶える。

スタイルを極めるには、実用を無視する覚悟が必要。
ロリータも、そうじゃん。
美を求めるなら、不自由さをないがしろにしてはいけない。
つまり、自分を甘やかせてはいけないってことだよね。』

全く、その通りです。
自らを拘束する様なお洋服は、実用的でない代わりに
身に着けた時、それだけの美しさを放ちます。
その為なら、命を懸けても構わない覚悟が必要。

生易しいメイカーのコルセットではその意に副いません。
しかし、英国オーダー品のお値段と云ったら、相当な筈。

色々と調査した結果、
えっと、ゼロがいちにいさんし・・・・・
高っ!!マジ半端じゃねぇ!!
完全ノックアウト。曙さながらに倒れこみました。

と云う事で、今のあたくしには本場のコルセットを纏う事など、
夢のまた夢・・・なのです。。。

写真でコルセットをお召しになっているのは椎名林檎姫です。
とても綺麗です。


  1. 2006/03/07(火) 17:52:05|
  2. ロココシズム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生意気

先日、紹介したお洋服のお写真を撮っている私の横で、
ギターを悪戯していたユウヒ。

ワンピースを併せて、「如何?ママ綺麗?」と聞いてみたところ・・・

yu41.jpg

見よ!この母親を蔑んだ目!

嗚呼、買い過ぎだよ!悪かったよ!(否、悪くないな)
でも、そんな目で見ないでおくんなまし。。。

日毎に生意気な目線や台詞を吐く様になってきた息子に
一抹の寂しさと戸惑いを隠せない今日この頃です。

気に入らない事があると、「くっせぇ!くっせぇ!」
と言うし、(誰が発信源か不明)
先日、階段を踏み外しそうになった時は、
「おぉっやっべぇ!」と言っていました。(これも不明)

なんという二歳児。
その、今時の若い衆の様な言葉遣いは止めて戴きたい。

言葉遣い以外にも、きつく叱った私に向かって、

「ごらぁ!!ママだめでしょ○★$*▲#~!!」

と凄まじい勢いで威嚇。
何で私が怒られるのよ・・・しかも最後の辺り、
何言ってるか解らないし。

叱っている私が逆に怒られているのは何故だ?!
しかも大声出して勢いでやり過ごそうなんて・・・
そんな手、通用するかっつうの!!

しかし、友人や知人の方達とお話しをしていて、
「息子が本当に生意気で・・・」という話になると
必ず、

「きっとロココちゃんに似たんでしょうね」

と素で言われてしまう所が悲しい。。。

ふんだ!生意気で悪う御座いましたね!



  1. 2006/03/06(月) 23:56:48|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春だもの

mibu47.jpg

昨日、私が以前勤めていた会社のセレクトショップ
でお買い物して参りました。

嬉しくて仕様が無いので一寸紹介させて戴きます。

ラベンダーのアコーディオンプリーツスカート

これはウエストが太めのゴムになっていて、更に
両サイドとフロントに紐が付いているので、
ベアトップにも、ホルターネックにもなってしまう。
ボトムスとトップスの兼用が可能な小粋なあいつ。

Vivierのエナメルパンプス

未だに、ポインテッドトゥの勢いは健在ですが、今年の
私はあまり攻撃的な気分では無いので、ラウンドトゥの
パンプスが気になっていた矢先、この子にハートを
鷲掴みにされてしまった。
履き易い上、シルエットが綺麗。才色兼備な彼女。


更に
mibu48.jpg

エキゾチックな花柄にピンドットのスリップワンピ

大胆な胸の開きと、着た時のシルエットが素敵。
フェミニン且つアダルトなワンピース。
着れるものなら着てごらんあそばせ!と云う
挑戦的でコケティッシュな貴女は纏うのに少し
勇気が要ります。

実は、まだ袋の中にも可愛いあいつやあの子が
こっそり入っていますが、あまり調子づいて書くと、
「おい!コラ!主婦!養ってもらっている身分で
一体どれだけ買ってるんだ!」
と云うお叱りの声が聞こえてきそうなので、
この辺で終了します。

お勘定を同期だった店員の子にしてもらっている時、
「ロココちゃん、セレブみたい」と言われ、
「そんな事ないよ~」なんて返事をした矢先、
私のお財布からすき家のレシートがヒラリと
テーブルに落ちました。

「あ・・・」

ね、言ったでしょ?
セレブは牛丼なんて食べないって。

「でも、すき家って何気に美味しいよね~」
と横からフォローを入れて下さった社長は流石です。




  1. 2006/03/03(金) 23:59:10|
  2. お洋服
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

写真

mibu46.jpg

私は趣味で写真を嗜んでおります。

嗜むと云っても、撮りたい時に気儘に撮っているだけ
なので、「趣味」と云うには少々気後れ致しますが。

この子はNikonFM2。

はぢめて自分のお給料で購入致した一眼レフ。
あたくしの可愛いあんちくしょう。

ユウヒが生まれてから、被写体はユウヒが殆ど。
部屋にはユウヒのお写真が沢山飾られています。

mibu45.jpg


しかしながら、近頃は少々怠け気味。

飽きたと云う訳ではないのですが、魔の二歳児、
どんなにシャッタースピードを上げようにも、
ブレが生じてしまう為、上手く撮れません。

矢張り、遊び盛りの子供を写すにはオートフォーカスの
コンパクトキャメラが良いのでせうか・・・。

持ち運ぶには重いし、ピント合わせをしている間にユウヒは
居なくなっているし。。。

時代はアナログよりデジタルですわよ、奥様。

嗚呼、でも矢張り、使い難かろうが、私はあの子が良い!
と云うより、使い難さがまた可愛い!

また何時ぞやのやうに、あの子を連れて写真旅行にでも
参りたいものです。


  1. 2006/03/02(木) 23:39:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレー

yu40.jpg

最近、ユウヒは何でも自分でやりたがる様になりました。

食事は、スプーンを持たせてあげるのが遅かった為、
いまいち下手くそですが、それでも自分でちゃんと
お口へ持っていける様になりました。

本人も自信が付いてきたのか、何に付けても

「じゅぶんで、やるの!」

と言います。
良いココロがけです。
いざという時、信じられるのは自分の力のみ、ですもの。

でもね、カレーは危険です。
ママにやらせて下さい。

しかし、いばりんぼユウヒがやらせてくれる訳が無い。
私がスプーンを取り上げようとすると、

「やるのー!!だめだの-!!ごらぁーーー!!」

とすごい威嚇っぷり。

そのガラガラ声どうやって出してるの?
ちょっとYO-KINGみたいでカッコイイんですけど。

まぁ、これも彼が成長する為、という事で諦めて見守っていると、

こたつ布団にカレーがボトボト・・・・。

「うぅっ・・・」

駄目よ、私。ここでスプーンを取り上げては駄目。

汚れたお口をお袖でゴシゴシ・・・。

「あぁっ・・・」

そのお洋服、お高かったのに・・・。

もう!食事教育が何だって云うの!
カレーの時だけ私が食べさせても構いやしませんでしょう!
ほら!私にお貸しなさい!

と、結局私が食べさせてしまいました。。。

嗚呼、未熟者は私です。

反省。


  1. 2006/03/01(水) 17:43:34|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

profile

*ロココ*

Author:*ロココ*
*ロココ*
三児の母:31歳
趣味/好きなもの:お洋服・写真・ゲーム・キラキラと光るもの

*ユウヒ*
長男:7歳
ネットで海外の人とゲーム対戦をするグローバルな小学2年生
趣味/好きなもの:レトロゲーム・仮面ライダー・ポケモン 

*ハルヒ*
次男:4歳
甘え上手の世渡り上手 小さな物音でも目を覚ます神経質ボーイ
趣味/好きなもの:物を綺麗に並べること・チュッパチャプス

*ヒナタ*
三男:2歳11ヶ月
ネバーギブアップの精神をモットーにハングリーに生きる末っ子
趣味/好きなもの:米粒を拾うこと・とにかく食べること

FC2 counter

recent article

Recent comment

Monthly archive

category

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

search

RSS feeding

link

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。